老人性イボを治す方法|自信の持てるボディーになる

女の人
女性

年齢によるイボのお話

放置しても健康上問題はない老人性イボですが、見た目が気になるという方は、治療を受ければ除去することが可能です。液体窒素で凍結させる方法が一般的ですが、根本から除去するならレーザー治療がおすすめです。保険が適用される方法とそうでないものがあるので、事前に確認しておきましょう。

看護師

加齢が原因のイボ

老人性イボは、老化現象が原因です。若いうちから紫外線に気をつけて化粧品や紫外線対策商品などを使用していると年齢を重ねて高齢になってもできにくい肌になります。又、シワやシミ、たるみやくすみなどもできにくい健康な肌になります。

綺麗に治せるのが魅力

医者

痛みが少ないという特徴も

加齢と共に誰にでも出来得る老人性イボに適していると言われているのが、炭酸ガスレーザーによる治療です。具体的には局所麻酔を行った後患部にレーザーを照射、水分に反応して生じる熱エネルギーで老人性イボを焼灼する方法のことを言います。この治療法のメリットは基本的には一回の治療で老人性イボを取り除けることです。照射後には暫くのダウンタイムが発生するものの仕上がりは美しく、目立つ跡が残るケースが少ないのも利点です。こうした特徴から特に顔に出来る老人性イボに広く適用されている方法となっています。皮膚の再生には一ないし二週間程度、完全に赤みが取れるまでには最長半年程かかる場合があります。赤みが残っている間は紫外線に対する抵抗力が弱く、シミが出来やすい状態です。刺激の少ない成分を使った日焼け止め等を用いて対策をしておくと良いでしょう。焼灼という言葉を聞くと熱かったり痛かったりするのではないかと心配される方も居るかもしれませんが、実際には局所麻酔の際に多少あるかという位でしょう。治療中には気になる程の痛みは感じなかったという方が多くを占めています。治療後に塗る薬も処方してもらえるので、ダウンタイム中に不快な症状に悩まされる心配も殆どありません。一点注意しなければならないのがイボの大きさです。レーザーによる治療はあまり大きなイボだと治療の範囲外となる場合があります。小さい内の方が肌へのダメージも少なく処理自体も簡単に行えるので、イボに気付いたら早めにクリニックを受診するのがおすすめです。

ウーマン

レーザーで簡単になくせる

老人性イボはレーザーで治療します。麻酔を使用するので痛みが少なく、治療にかかる時間も短くて済みます。治療後はテープを貼りますが早い人は翌日には日中外すことができます。肌ケアのクリームを塗ればキレイな状態を維持できます。