老人性イボを治す方法|自信の持てるボディーになる

レディ

レーザーで簡単になくせる

ウーマン

痛みもなく早く済む

老人性イボは皮膚科などでレーザー治療することができます。まずは医師によるカウンセリングを受けます。そのさいにイボに一番いい治療方法を選択します。レーザーを当てる時には麻酔をします。麻酔はクリームなどです。肌にやさしいタイプを使用しているところもあるので、敏感肌の人などでもこの麻酔クリームを塗ることができます。この麻酔クリームを塗るとほとんど痛みを感じずにレーザーを当てられます。レーザーを当てる時は老人性イボのある組織だけを集中的に当てます。1つ1つ丁寧に当てていきますが、1つあたりにかかる時間は2,3分程度で済みます。当てている間は麻酔が効いているので痛くありません。老人性イボが少ない人であればすぐに終わります。すべて当て終わったら薬を塗っていきます。キズの修復を促すためです。薬を塗り終わったらテープを貼ります。テープは肌色で目立たないものにしてくれます。老人性イボが小さければ小さいほど、すぐに回復します。回復が早い場合、翌日からテープなしで昼間活動が可能になります。出された塗り薬を塗るだけで済みます。イボが大きい場合は3日から1週間程度かかることもあります。テープをきちんとつけていれば、大きなイボでも傷の治りが早いです。レーザー治療から1週間経ったら医療用の美白剤を使います。治療部分はお肌が弱っていて紫外線の影響を受けたりします。メラニンが再び生成されるのを抑えられるようにするために外用薬を使用します。